コールドプレスジューサーの業務用と家庭用の違い-コールドプレスジューサーの業務用ならコチラをお勧めします。

コールドプレスジューサーの業務用と家庭用の違い

コールドプレスジューサーとは一体ナニ?

最近の健康ブームにより、たくさんの野菜を効率良く摂取することができるジューサーが人気となっています。

その中でも、今話題となっているのが「コールドプレスジュース」で、大都市を中心に広まっています。

このコールドプレスジュースは、「スロージューサー」「サイレントジューサー」「コールドプレスジューサー」などと呼ばれる圧搾式ジューサーから絞り出されたジュースのことで、好きな野菜や果物を入れて簡単に100%ジュースが作れるものです。

しかしながら、野菜や果物を入れてジュースを作るミキサーなどは、以前から多くの方が使用しています。

このようなミキサーのジューサーとコールドプレスジューサーは何が違うのでしょうか?

私達が良く利用しているミキサーは、底の部分に付いているカッターの刃によって果物や野菜砕いていく方法ですが、この時摩擦などが原因で熱を発してしまうほか、カッターの刃の下には砕ききれなかった果物や野菜クズ、繊維などが残ってしまいがちでした。

一方、コールドプレスジューサーにはカッターが搭載されていないため、摩擦などによる発熱もなく繊維が残ることもありません。

これは、このジューサーの構造が、ミキサージューサーとは全く異なっているためです。

このコールドプレスジューサーでは、カッターではなくスクリューが搭載されており、これを使って材料を圧搾していくのです。

そのため、材料を残さずしっかりの摂取できるので、ミキサーと比べより高い栄養価が得られます。

ミキサージューサーで作ると、繊維が残ってしまい飲んだ時にザラザラした食感を覚えることが多いですが、このコールドプレスジューサーでは圧搾され出てくるジュースには繊維質が残っていないため、サラッとした飲み心地でとても美味しく感じられます。

こうした点が、コールドプレスジュースの大きな特徴であり魅力です。

業務用コールドプレスジューサーの特徴



コールドプレスジューサーには、飲食店などで使用できる業務用があります。

このジューサーは「スロージューサー(低速ジューサー)」とも呼ばれています。

2015年の段階で、量販店で販売されているジューサー類の中で、全体の売り上げの80%がこのスロージューサーと言われており、都心や大阪などではコールドプレスジュースのスタンドまで登場していて、手軽にコールドプレスジュースを飲むことができるようになっています。

こうしたジューススタンドで使用されているのが業務用のスロージューサーです。

業務用の大きな特徴は、一度で大容量のコールドプレスジュースを作ることができる点にあります。

機種やメーカーによりその用量は異なりますが、トップメーカーのもので一般的なスロージューサーの2倍にあたる800mlを作ることができます。

更に大型飲食店などに最適な大型サイズになると、1時間に約20kgの材料を投入することも可能です。

飲食サービスで使用するとなると、一度に大容量を作れることが求められますが、その際連続して使用できなければ意味がありません。

そのため、業務用スロージューサーでは連続使用時間も大幅に延長されています。

最近新しく登場した業務用スロージューサーでは、なんと12時間の連続使用が可能となっています。

これだけ長時間使用できれば、ジューススタンドでも不自由なく活躍してくれることでしょう。

また、大容量・長時間稼働のため、ジュースが溜まる大容量のドラムも2つセットとなっています。

野菜や果物の栄養素をより効果的に摂取するには、ジュースにすることが一番で、こうすることで消化が良くなり吸収率も4倍にもなるといわれています。

家庭用コールドプレスジューサーの特徴


栄養素をより効果的に摂取できて、飲みやすいコールドプレスジュースが作れるとして人気の「コールドプレスジューサー」には、業務用の他に一般家庭でも手軽にジュースが作れる家庭用ジューサーも登場しています。

この家庭用ジューサーが登場したことで、店で飲んだ味を自宅でも簡単に再現することができるようになるとして、最近とても人気が出ており、スロージューサーの中でも売り上げを伸ばしています。

特にお子さんは野菜嫌いの子が多くなっており、そのまま出してもなかなか食べてくれません。

しかしスロージューサーで果物と一緒にジュースにしてしまえば、簡単に摂取させることができます。

しかも味も美味しいので、嫌がらずに飲んでくれることでしょう。

家庭用は、一度の作れるジュースの量は約400mlなので、ジューサーもコンパクトでキッチンにおいても場所を取ることがありません。

好きな時に出して使用したら収納することが可能なところも、家庭用ジューサーの魅力です。

ミキサーでは、遠心分離によって材料の持っている栄養素が破壊されてしまうことが多く、思っているよりも体に栄養素を吸収させることができません。

一方、スロージューサーは低速回転でゆっくりのスクリューが絞っていくので、栄養素を破壊することなく体内に吸収させることが可能です。

ジュースにすることで、サラダなどで食べるよりも吸収率は4倍、消化スピードは何と20倍も速くなるといわれています。

果物は種ごと入れても大丈夫です。果物の種には果皮や果肉はない栄養素も含まれていることが多く、そのまま入れることで、種の中の栄養素も一緒に体内に取り込むことができます。